■まず、皮膚の構造を知ってください。- First, please get to know the structure of the skin. -

皮膚を構成しているのは、上から順番に表皮、真皮、皮下組織。皮膚の新しい細胞は、表皮の一番深いところにある基底層で作られ、 細胞分裂を繰り返しながら2週間ほどかけて皮膚表面に達し、角質細胞(死んだ細胞)となって角質層をつくります。その後、約2週間でアカとして脱落していきます。 28日間かけて生まれ変わるお肌のサイクル、これが表皮の新陳代謝。新陳代謝を行うための栄養は真皮の血管から供給されています。 化粧品で皮膚に栄養を与えているというのは、いかにあやまった説かおわかりいただけたでしょうか。

New skin cells are created by the foundation layer that is at the deepest part of the epidermis. They reach the epidermis approximately two weeks after going through cell segmentation, and then they create the keratin layer(dead cells). After that, they fall off after about two weeks as grime. This 28-day-cycle of cell rebirth is your skin metabolism. The necessary nourishment is supplied from the cutis veins under the epidermis. So you can see that it is impossible to add nourishment by applying cosmetics over the epidermis.
Cosmetics containing oil looks very pretty when they are first applied. However, as time passes, the oil rises to the surface, and turns dark. This is because the oil is oxidized and discolors when it comes into contact with air. The oxidized oil damages skin and becomes a cause of making splotches, winkles, acne, and flabbiness.

角質細胞の最後の役割が、雑菌、紫外線など肌のトラブルの原因となる異物をはばむバリアゾーンとしての働き。 そして、水分の余計な蒸発を防ぐ保湿としての働きです。皮膚の新陳代謝がスムーズに行われることによって角質層もきちんと形成され、本来の皮膚を守るという健全な働きをします。 いつまでも若々しい健康な肌を保つ秘訣がここにあるのです。
さらに角質層の上で角質層を保護し、細菌による感染をくいとめているのが皮脂膜。 汗と油分である皮脂とが混ざり合った天然のクリームです。この弱酸性の膜が皮膚をおおうことによって、みずみずしく、つややかな肌が保たれます。

Keratin is a barrier zone that prevents foreign matter such as bacteria and ultraviolet rays from entering the skin, and it defends the skin against unnecessary evaporation of moisture. Furthermore, keratin is protected by the sebum layer over it. The sebum layer is a natural cream that is a mixture of sweat and oil. When the skin's metabolism is operating smoothly, keratin is formed properly and protects the skin. Its sebum layer coating is when maintains moist and lustrous skin.
Since washing agents such as facial packs and scrubs that are dried and then peeled off remove the precious keratin that protects the skin from bacteria and ultraviolet rays together with the skin's grime, they damage the skin more than they protect it. Furthermore, the application of oils such as moisturizing creams prevents the body's own sebum secretion, thus creating skin that is more likely to become dry.

■お肌は危険にさらされている!- Skin is exposed to danger! -

お肌のトラブルの原因は、内臓機能の低下、食生活のアンバランス、睡眠不足、ストレス、環境の変化、紫外線などさまざま。 そして、実は化粧品の中に含まれている添加物もそのひとつです。厚労省では、アレルギーを引き起こす可能性のある防腐剤、着色剤、乳化剤、香料など添加物110種を指定。 これらを配合した場合には、化粧品のパッケージに表示することを義務づけています。これが『指定成分(または表示成分)』です。指定成分が多い方が「お肌に効きそうだ。」と誤解していませんか? これらの入った化粧品を毎日使っていると、皮脂膜が溶かされ、角質層も荒れてきます。 したがって、有害な紫外線が入り込んだり、水分が蒸発しやすくなったり、雑菌や細菌もつきやすくなります。その結果として肌のトラブルが起こってくるのです。
基礎化粧品やファンデーション、オイル入りのものはお化粧をしたてのときはとても白くてきれいですが、時間が経つにつれて油浮きし、くすんで黒っぽくなってきます。これは、油が空気に触れてしばらくすると酸化し、変質してしまうから。酸化した油は皮膚に悪い影響を与え、シミ・シワ・ニキビ・たるみなどいろいろなトラブルのもととなってしまいます。また、外から油を得ることで自分自身の皮膚が分泌しにくくなり、乾燥しやすい肌質になりかねません。
オゾン層の破壊による有害な紫外線の増加は、今や世界的な問題です。地球上の酸素が20%減ることにより、20%のオゾン層が減ることの方が人類滅亡の危機に繋がるとさえ、ある科学者は言っています。
紫外線がもたらす大きなトラブルのひとつがシミ。皮膚表面が紫外線によって刺激されると、表皮の基底層にあるメラノサイト(色素生産細胞)は、細胞の生命ともいえる核を守るためメラニン色素を分泌します。 紫外線で痛んだ肌は、新陳代謝をスムーズに行うことができなくなり、表皮にメラニン色素が停滞してシミ、ソバカスに。 小麦色に日焼けした肌は健康的ですが、紫外線の影響を長期に渡って繰り返し受け続けるとシミだけでなくシワなど肌の老化現象を促し、ときには皮膚癌の原因ともなります。紫外線対策は万全に!

Harmful ultraviolet rays create splotches and wrinkles. When the surface of the skin is stimulated by ultraviolet rays, the melanocyte (pigment producing cells)that are at the base of the epidermis secrete melanin in order to protect the nucleus that is the life of the cell. This is what we normally call suntan. Splotches and freckles are created when this melanin remains on the epidermis. In addition, when the skin receives the effects of ultraviolet rays for a long period of time, skin aging such as winkles and sometimes even skin cancer occur. So, it is indeed neccessary to have a thorough protection against ultraviolet rays. However, many of the UV blocking cosmetics that are on the market these days use ultraviolet ray absorption agents made from titanium powders and phenol compounds.
These ingredients are possible carcinogens, and components such as oil and other allergen components may cause problems such as splotching. The correct measure against ultraviolet rays is to protect the skin with safe ultraviolet ray care cosmetics.

化粧品は薬そのものではないため、効能効果をうたうことができません。けれど、抜け道があります。医薬部外品ならそれができるのです。皮膚に栄養を与える、日焼けを防ぐといった効能効果をうたえるのは「にきび、肌荒れ、かぶれ、しもやけなどの防止、または皮膚もしくは口腔の殺菌消毒に使用されることも合わせて目的とされている」(厚労省告示第14号)から。ですが、その反面、医薬品とは違って有効成分の名称や分量については明記しなくてもいいことになっています。医薬部外品扱いの水銀入りクリームなどが激しい副作用のために販売禁止になったことからもわかるように、医薬部外品は安全性の目安には決してなりません。むしろ、かえって危険なものであるということを知っていただきたいのです。
レモンやアロエなどを利用したパックは、「天然素材だからお肌にやさしい」と思っていませんか。たとえば、ビタミンCを含んでいるレモンはお肌を白くする?事実は反対です。フロクマリンという光毒性物質が含まれていて、日光に当たるとお肌に黒いシミをつくってしまうのです。柑橘類にはすべて同じ性質があります。
また、アロエにはアロインという成分が含まれていて、これには炎症を抑える作用もありますが、かぶれやすいのも事実。このように天然素材を使ってのパックは、いずれも美顔法とはほど遠いもの。害のあるものすらあるのです。

Do you have the wrong impression that facial packs containing lemon or aloe are kind to the skin because they are natural? Will lemon, which contains vitamin C, whiten your skin? Actually, it does the exact opposite. Lemon contains a 光毒性 Fukuromarin substance which, when exposed to sunlight, creates dark splotches on the skin. It should be noted that all citrus fruits have this same property. In addition, aloe contains a component called aloin which has the effect of suppressing inflammation. It is clear that facial packs using natural ingredients do not approach the proper beauty care, in fact, they can even be harmful.

今、あなたはどんなシャンプーで髪を洗っていますか?週に何回洗っていますか?現在市販されているもののほとんどは、合成洗剤のシャンプー。 中身は高級アルコール系で、基剤は台所用洗剤などと同じものです。このシャンプーを頻繁に使うあまり、秋から冬の乾燥期には「手がガサガサになる」「血が出る」といった声も少なくありません。 また最近では、女性の中にも薄毛で悩む人が増えてきています。合成シャンプーが、その原因物質として疑われるとしたら、それでもあなたは使い続けるでしょうか?

what kind of shampoo are you currently using? How many times a week do you wash your hair? Most of the shampoo that is on the market today is synthetic detergent shampoo. The contents include high levels of alcohol, and the base material is the same as dishwashing detergents. Many women who use such shampoo often complain that during fall and winter, when it's dry, their hands become very rough, in some cases even bleeding. Furthermore, in recent years, more and more women are being troubled by hair thinning. If synthetic shampoo was suspected as one of its causes, would you still use it?